質の良い眠りにつきたいならいびき防止グッズに注目|健康改善への道

ウーマン

岩盤浴で自律神経を整える

婦人

岩盤浴の遠赤外線効果で自律神経を安定させるには、ゆっくり深く呼吸することを心掛けて下さい。スローペースで呼吸すると脳も神経もリラックできます。岩盤浴はサウナより人気がありますが、サウナは皮膚表面しか温めませんし高温の空気がストレスになることもあります。身体を芯から温めてくれるのは岩盤浴です。

詳細へ

理想の安眠グッズの追求

寝る人

理想の枕に出会うことは、睡眠をより良いものにする意外にも、疲労が取れることにより、仕事の出来や、肌などの美容状態にも影響してきます。なんといっても一番は健康の問題が解消されますので、長く使う枕を理想の物と出会えるようにしてください。

詳細へ

快眠で目覚めの良い朝に

いびき

組み合わせ使用も効果的

いびきをかく人の多くは自覚しているため、楽しいはずのグループ旅行が消極的になりがちです。そこで利用されているのがいびき防止グッズで、さまざまなタイプの商品が販売されています。自分のいびきで眠りが浅くなりますので、普段の生活においてもいびき防止グッズは必須といえるでしょう。いびき防止グッズは肌に直接貼るタイプのほか、鼻の穴や口に装着するタイプなどが選べます。ポイントは組み合わせて使用する点にあり、例えば口を開けないシールと鼻腔を広げるシールの併用も効果的です。いびきには発生する原因が人によって異なるため、まずは自分がどのタイプか把握すると良いでしょう。また、寝相によってはグッズが剥がれてしまう可能性もありますので、首を固定したり枕を変えてみるのもひとつの手段です。

鼻と口の呼吸

いびきの原因としてあげられている口呼吸は、鼻呼吸に変えると改善につながります。睡眠時の自己コントロールは不可能に近いことから、いびき防止グッズの力が必要となるのです。しかし、風邪や鼻炎で鼻がつまっていると鼻呼吸が困難になるため、例えば口を閉じるシールタイプは適していません。口呼吸が前提のいびき防止グッズも開発されていますので、いつでも使い分けできるように揃えておきましょう。目覚めが悪いと感じたり昼間に眠くなるとき、睡眠中のいびきを疑うべきです。自分のいびきで目覚めるケースが多く、直後に眠ってしまうため覚えていません。睡眠不足は美容や健康に影響しますので、いびき防止グッズで効果を確かめてみるような、慎重な姿勢が大切です。

冷えは万病の元

手

冷えは万病の元になりますので、日々の温活が必要です。シャワーだけでなく湯船に浸かることも大切ですし、冷たい食べ物や飲み物を避けて、出来る限り温かい物を摂取することも必要です。身体が冷えると慢性的な体調不良になってしまいますので、毎日の心がけが大切です。

詳細へ